2016年6月25日 (土)

安価で家電量販店に置いてほしい

059
「AEDの名前すら知らずに過ごしていた」
現在27歳になる私は、大学を卒業してからやりたい事も見つからず、必要最低限の生活費を稼ぐアルバイト生活を送っておりました。
そんな生活を2年間ほど続け24歳になる頃に、こんな中途半端に生きてはいけないと強く思うようになりました。
そこで、アルバイトを辞めて就職する事を決意しました。
はじめて本気で就職活動をした結果、拾ってくださる企業が見つかり、無事就職する事ができました。

052
「入社した会社で」
私がAEDを知ったキッカケは就職した会社でした。
はじめは、AEDを見ても「何か作業に使う工具なのかな」くらいに思っておりました。
ですが、会社では毎月誰かが必ずAEDが使えるか動作確認を行う決まりがあり、そこで初めて知りました。
中には工具が入っているのかと思いきや、それが心肺停止者を蘇生する為に使う物と知った時はとても驚きました。
初めて動作確認をした時は今でも覚えております。
とても大きい音でアナウンスが流れひたすらその指示に従っていました。
今は使い方こそなんとなく覚えておりますが、いざ使うとなった時使用できるかは非常に不安です。

051 「施設や会社にある物で自宅に備える物ではないというイメージ。」
自宅にもあった方が良いとは思いますが、値段も高くなかなか手が出せそうにありません。
いざという時には本当に必要だと頭では理解できますが、AEDが買えるお金があれば別の物に使ってしまうと思います。
周りの友達も持っていないというのと、私の家族は全員働いて元気なのでまだ必要ない、施設や会社にあれば充分ではないか、というのが本音です。

060 「導入のネックは本当の必要性がわからない。」
個人的な感想になってしまいますが、テレビや新聞などでもAEDの事をあまり話題にしておらず、なおかつ実際にあった話で身近にAEDで助かったという知人の話を聞いたりしていません。
私たちの生活の中では認知する機会があまり多くないのが導入のネックだと思います。
必要なのはとても理解できるのですが、まだどうしても人ごとになってしまいます。

048 「安価で家電量販店でも当たり前のように置いて欲しい。」
今のAEDは高く、法人が相手じゃないと売ってくれないようなイメージがどうしてもあります。
実際、30・40万円は平気でかかると思います。
そうなってしまうと、購入はかなり厳しく、その他の生活用品をまず先に買い足していきたいというのが現実です。
安易な考えですが、もう少し安い価格で、購入の際には国の方からも補助金を頂ける仕組みにし、電気屋さんでも当たり前のように売場があって販売して頂ければ、今後のAEDの普及も発展するのではないかと思います。
AED参考価格AED価格比較ページ

2016年5月24日 (火)

AEDは画期的で名が先行、それより必要なのは知識

097 「医療現場から離れて。」
9年前まで、急性期メインの病院で看護師として働いていました。
長女を妊娠、切迫流産と診断された事を機に、退職しましまた。
現在、二人の子供と、夫との四人で暮らしており、
未だ、社会復帰せず、専業主婦として日々を過ごしています。

098 「画期的な機械!」
AEDを知ったのは、まだ、現場で働いている時で、勤務先での講習会で知りました。
かなり、すごい!と思いました。
心肺停止の状態を、病院なら、カウンターショックで医師が蘇生できますが、道ばたなどで倒れた人を見かけても、人工マッサージをひたすらしながら、救急車の到着を待たないといけない状況でした。
しかも、心電図モニターがあるわけではないので、人工マッサージを、不慣れな人がしていても、きちんと心臓を刺激できているのかさえもわかりませんでした。
なので、手順も機械が喋ってくれて、どんな人でも使う事ができるAEDは、本当にすごい!と思いました。

0100 「自宅に必要か?」
一家に1台あれば、救える命も増えるとは思います。
が、全ての家庭に、一生涯で、何度、使う機会があるのでしょうか?
一家に1台になるには、もっと、価格が安くないといけないと思いますし、普段でも使える機能、例えば、お熱を測れる、血圧を測れるなどが備わっていれば、購入を検討する家庭も増えるのでは?と、思います。

「本当にAEDが必要?」
人が倒れたら、AED!みたいな風潮になりつつあるような気がします。
まぁ、機械が、きちんと、ショックが必要かどうかを判断してくれるので、むやみに刺激を与えられる事はないと思いますが、AEDという名前だけが広まって、実際に、どのように使うのか、どのような場合に必要なのかまで理解している人が少ないような気がします。

096 「もっと、身近な物へ」

もっと、たくさんの人が、一度ぐらいは講習会などで、使ってみてほしいと思います。
実際に使うとなると、いくら機械が手順を説明してくれると言っても、目の前で人が倒れていたら、パニックになってしまって、AEDがあっても、使いこなせるのかどうか?現場で、働いていた経験がある私でも、不意に隣りで、歩いていた人が倒れたりしたら、かなり焦るとおもいます。
大人だけではなく、子供でも、中学生ぐらいからなら、使えるようになっていてほしいものです。

AED貸出サービスの充実を

025 『医療関係者から見るAED』
今は主婦をしていますが、医療関係の資格を持っています。
街中を歩いているとAEDの設置場所が多くなったと感じますが、その使い方や実物についてなどはまだまだ一般に知られていないと感じます。

『学校の授業で』

医療関係者ですのでもちろん救急蘇生法の講義を行います。
その時に初めてAEDを直に見ましたしデモ機を触りました。
就職してからも救急蘇生法のセミナーがあり、一般の方と比べるとAEDに触れる回数が多いです。

028 『授業での必要性』
医療関係の学校ではAEDを直に見たり触ったりする機会があると思いますが、分野にかかわりなく生活していると直接どういうものかを知る機会が少ないと思います。
専門的知識を求められる学校だけに普及するのではなく中学や高校の授業に取り入れ、より認知度を高めていく必要がある。

023 『価格の問題』
AEDの価格の高さにあると思います。
救急蘇生法の講義をする機会があり、AEDレンタルについても調べましたが安くても1回のレンタルで5000円という価格でした。
都道府県によっては貸し出しの制度もありますが、貸し出しの基準が厳しいところもあるので身近に感じることができない状態になっていると思います。

010 『AED貸出サービス』

普及するには本体がどういうものかを知る必要があると思います。
また、貸出サービスがあることで講習会などを行う際にも気軽にレンタルすることができます。
現在では講習会の参加人数などが決められている貸出サービスの基準を緩和してほしいと感じます。
例えば医療関係者の資格を持っている、参加人数が少人数からでもレンタル可能と言うことになるとまずAEDの認知度があがり、普及率のアップにもつながると思います。

AED導入時の議論、人命とお金とどっちが大事

001 『ケアマネージャーとして』
准看護師として、20年間働き、その後縁あって、ケアマネージャーを12年させていただいている。
デイサービス勤務も経験し、何度か使用方法の説明も受けてきた。
今のところは、幸い、実際に使用した事はない。
これからも使用したくない。
余談であるが、私の会社の先輩が、以前葬儀社に勤めており、そこでもAEDの説明会があったそうである。
しかし、その消防士さんのズボンのチャックが全開であり、
皆そこにばかり注目してしまい、肝心の説明がよくわからなかったらしい・・・。

007 『ケアマネージャーになった頃より』

ケアマネ研修等で、存在は知っており、設置されている施設等を教えてもらったりした。
病院の救命機器と違い、一般人でも使えるとは画期的だと思った。
コンビニや銀行にも置かれており、また、多目的ホールでもよく目にする。
良い時代だと思う。一人でも助かる生命があれば良い。

『以前勤めていたデイサービスで』
導入の動きもあるにはあったが、結局中止になった。
価格の問題だと思える。他のスタッフさんと、「人命とお金とどっちが大事なんやろ」
と議論し合った事を思い出す。

『勤めている有料老人ホームには導入されている』
どういう関連性があるのかは不明だが、ホームに自販機と熱帯魚を導入して下さっている会社のご担当。
毎月点検をして下さっている。熱帯魚のメンテナンスとは違う方が来られている事を付け加えておく。
同じ方だと怖いものがある。
一般人が使用するには、価格以外にも、大きさもあるのではないだろうか。

044 『一般家庭への普及』
血圧計並みにコンパクトになり、レンタルでも百円単位だと、
一家に一台になるのではないだろうか。
救急隊の出番も少なくなるかもしれない。
できれば使わないのが一番である。

AEDはまず低価化、そして全自動化を望む

『自動車学校でのAEDの実習を経験して思うこと』
24歳無職、3人家族で普段は英語の勉強をしています。

004 『AEDを知ったのは小学生の時』
小学生の時、学校に講師の方がいらっしゃってAEDについて説明していただいたのがAEDとの出会いでした。
その時は遠目から講師の方がAEDを操作しているところを見ていただけで、実際に自分でAEDを操作する事はありませんでした。
中学、高校でもAEDに関する講習がありましたが、やはり遠目から見るだけで自分で操作することはありませんでした。
その時感じたのは、いくら機械が手順を教えてくれると言っても実際の状況でうまくやれる気がしない、ということでした。

009 『AEDを個人所有するなんて考えたこともなかった』

高校を卒業してから浪人生活をしていましたがなかなか結果が出ず、ある日父親から自動車学校に行くように言われました。
自動車学校へ通い始めてから一ヶ月が経った頃、仮免の試験に合格した直後の授業がAEDの実習でした。
座学と実習で二時間の授業だったのですが、その時教官に「家庭用のAEDもあるんだよ」という事を教えて頂き、驚きました。
それまでAEDを個人や家庭の単位で持つなんて全く考えたことがなかったからです。
AEDとは公共の場にあるもので、家庭で持つようなものではないというイメージがありました。

012 『AEDが普及するにはもっと低価格にならなければいけない』
AEDの価格について調べてみると、相場は約50万程で、定期的に買い換える必要があるように感じます。
レンタルでも月5000円と、決して安くない額を払わなければいけません。
約50万円もするものを数年毎に買い換えないといけないのはかなりの負担だと思います。
それに加えて、AEDを個人で所有出来るということを知らない人がまだまだたくさんいるのが現状だと思います。
自分も自動車学校に行かなければ知ることは無かったと思いますし、
家庭用のAEDについて教えてもらえたのはたまたまその教官の方が教育熱心だったからなのだと思っています。

『AEDは全自動化してほしい』008
AEDの実習で一番大変だったのは心臓マッサージでした。
これは上手にやるのが難しく、毎日練習していないと有事の際にちゃんとした心臓マッサージは出来ないと思いました。
しかし、心臓マッサージの練習を毎日しなければいけないというのは少し負担が大きいように感じます。
なので、スイッチを押せば後は全てAEDが自動でやってくれるようになるのが理想だと思います。

もっとAEDの設置場所を増やすべき

003 「AEDが普及していなかった時代」
AEDを初めて知ったのは学校の授業中でした。
思ったよりも小さな箱だなと思った程度でした。
自分には使う機会はないだろうと軽い気持ちで授業を聞いていた記憶しかありません。
私が学生の頃はまだAEDがさほど普及していなかったので、名前を聞いた事がある程度で、あまり身近な存在ではありませんでした。
今はもう全国の学校に普及しており、AEDの使い方の授業もあると聞きます。
それほど身近な存在になった事を感じました。

002 「AEDをはじめて触って」

私は病院で看護助手として働いていた時期がありました。
病院では月に一回研修がありました。
その研修でAEDの講習をする時がきました。
初めて触るAEDと本格的な指導に気を引き締められました。
人の命を扱う大事な作業であることを実感しました。
研修時はみんながみんな真剣で、実際に人が倒れたように周りに声掛けをし心肺蘇生・人工呼吸・AED操作をおこないました。
この研修で私は初めてAEDについて本格的に知りました。

057 「一定の区間にAEDはあるべき」
理想としては家庭に一台AEDを置くことはいいことだと思います。
しかしきちんと扱える人でないと危険も生じます。
二次被害も出る可能性もあります。
家庭に置いておくよりも地域の人が誰でもすぐに持っていける場所に設置する方がいいかもしれません。
家庭で家族内だけで使うより、近所の人と協力し合って使えた方が安全かもしれません。

「緊急時の意識が薄い」
AEDが普及しづらい原因に危機意識の薄さもあるかもしれません。
まさか自分が起こるはずないだろう、うちの会社は小さいから別に必要ないかもしれないなどと思っている人も多いと思います。
レンタル料も必要経費と考えるか経費削減と考えるかで天秤にかけられているかもしれません。
実際私の会社もAEDは置いていません。
命に代えられるものはないので、せめて各会社に一台は置いてもらいたいものです。

037 「公共施設内だけでなくもっと身近な場所にも」
AEDが置いてある場所と聞かれても知らなかったり、置いてある施設は知っていても置いてある場所を知らなかったりします。
探している間に人の命は危険にさらされ続けます。
必ずしもAEDがあるそばで倒れるとも限りません。
私はもっとAEDの設置場所を増やすべきだと思います。
施設内だけでなく、公園や住宅街の一角に置いておくと安心できると思います。

AEDコストパフォーマンス、触れるチャンスを

【私がAEDに関して思うこと】
私は30代後半の専業主婦です。
40代前半の会社員の主人と中学1年生の息子と小学5年の娘との4人暮らしです。

070 【小学校での講習でAEDのことを知りました】

私がAEDのことを詳しく知ったのは3年前。
子供の小学校で役員を任されたことがあり、その年度のイベントで救急法という消防士さんが来て来て行う実践的な講習に参加したことがきっかけでした。
それ以前も公共施設で見たことはあったものの、取り扱い方など全く想像できなかった私。
実際AEDの中身を見て、使い方を学びましたが、救急の場で私にこれが使いこなせるか?という不安はいまだに払拭できません。

【個人で持てるものができれば安心です】
実際私が触れたAEDは想像以上に高性能なものでしたし、使い方一つ間違うと患者さんの命を危険にさらしてしまうものでは?個人が取り扱うにはやはりまだまだ敷居が高いと思います。
とは言っても急な時に個人で所有できれば安心だとは思いますが、誰でも簡単に使えるようなものになればいいのにと思います。

024 【価格の問題と使い方が広く普及していないこと】
AEDが便利なものでありながら普及しにくいネックになっているのは、やはりその価格的な面と、使い方が広く普及していないことが原因ではないかと思います。
学校や企業で一人一人が年に1・2度AEDに直に触れて練習できる場を作ったりして、もっと積極的にその使い方を広めていかないことには、急な場でもAEDを使うことに躊躇してしまいますし、宝の持ち腐れになってしまいます。

【使いやすい形への改良と多くの人に実践できる場を提供してほしい】
AEDの問題点はその敷居の高さだと思います。
それを払拭するためにも多くの人に直に触れるチャンスを与えるとともに、使い勝手をよくしコストパフォーマンスをよくすることが大切だと思います。
守りの姿勢から攻めの姿勢での普及がAED普及に欠けている点だと思います。
救急で人の大切な命を救う道具として、今後大いなる普及と拡大を期待しています。

AEDは誰もが恐れず使用できるものになって欲しい

040 『仕事柄知っておかなければならないと思いつつ』
34歳女性です。
家族は3人、健康づくりの運動を多くの人に提供する仕事をしています。

『運動指導における安全管理に関する講習会で』
運動指導における安全管理に関する講習会で、AEDが医療関係者以外の人以外でも誰でも使用できるようになったことを知りました。
それまでAEDの存在は教科書などで知ってはいたものの、私自身が医療従事者ではなかったため、自分には使用できないもの、関係のないものだと思っていました。
ですが誰でもできると知り、即講習会を受講しました。
その時に使用の方法を知りました。

020 『義務である』
私が所属する健康づくりの団体では高齢者や疾患者も対象として運動を提供するため、義務的に導入をしています。
もしもの事を考えて個人で指導に当たるときにも持ち歩きできるものを携帯たいとは思いますが価格が高く思うようにはいきません。
しかし、個人で指導に当たる場合には指導に当たる施設の近辺に導入されている施設はあるか(駅や銀行、病院、学校、公民館など)を確認してから運動指導をするようにしています。

021 『怖くて使えない』
AEDの存在自体は知られていてもAEDの使用の仕方は知られていないと感じています。
ニュースや新聞等で「AEDはあったが恐れて誰も使用ができなかった」「AEDの使用の仕方がわからなかったため使わなかった」というのを見たことがあります。
とても残念なんことだと思います。
私もとっさのときにAEDから流れてくるアナウンスを聞いて正しく使用ができるのかが心配です。

『誰でも恐れず使用できるものに』
もっとAEDの存在価値や誰でも使用することで人助けができるということをアピールするような取り組みをしてほしいと思います。
何かの講座や講演、地域の行事にくっつけてAEDの価値や使用の方法などを地域単位や小規模単位(学校等でも良いかと思います)で知れるような取り組みをして多くの人が怖がらずに使用できるようになってほしいと思っています。

AEDを扱える人が少ないという事が問題

030 『AEDからかけ離れた生活』
3人の子育てに奮闘中の29歳専業主婦、旦那両親と同居のため7人家族です。
1人目の出産を機に仕事を辞めましたが、それまで学校の保健室で働いていためAEDが身近にありました。
今は全くと言っていいほどかけ離れた生活を送っています。

『心配蘇生法の講習で』
大学時代、授業の一環で日本赤十字社による心配蘇生法の講習会を受けた時に始めてAEDを知りました。
それまでは何となく名前を聞いたことある程度でしたが、この時初めてAEDがどういうものか、その使い方などくわしく知りました。

011 『職場や施設に1つはあって欲しい』
各家庭にというのはさすがに無理があると思いますが、職場や様々な施設には最低1つは設置してあると良いと思います。
どの場面で必要になるか全く予測はつかないので、なるべくいろいろな場所にあると安心です。

『使える人が少ない』
AEDは誰でも簡単に使えるという事が1番の長所だと思います。
私も習ったのは大学の時だけですが、今でも使い方は何となく覚えていますし、起動させると音声で説明してくれて言われた通りにやればいいので誰でもできます。
しかし、実際使う場面に出くわしたら正直怖くて使いたくないです。
簡単と言ってもボタンひとつで電流が人の身体に実際流れるわけですし、人の命がかかっているというだけで怖いです。
また、講習を受けていてもそう感じてしまうのにAEDを触った事もない人には絶対に無理だと思います。
AEDをいろいろな場所に普及させていっても、扱える人が少ないという事が問題だと思います。

AEDの値段を下げ認知度をアピールすべき

054_3 「消防団に入りました」
42歳農業、家族妻、子供2人。
学校を卒業後地元に戻り実家の農業を継ぎました。
その時から地域の消防団に入っています。
田舎なので地域の若者は大体60歳くらいまでは消防団に入って火事や災害などなにかあれば出動します。
毎月の訓練、たまにある火事や雨での災害、遭難者の搜索などに出動します。
仕事があっても要請された時は仕事を中断しても出動します。
みんな地域のために頑張ってます。

053 「AEDを知って」
TV番組でAEDを知りました。
そのときは、自分の周りにあるかどうかもわからずにどこか都会だけの話かとも思ってました。
が、すぐに消防団での救命講習でAEDを使った体験講習をしてもらい、実際の使い方をしりました。
手さげカバンほどの機械ですが、実に高性能で心臓の状態を確認してから必要であれば電気ショックを与えるなどいざという時に役にたちそうだと思います。
操作がとても簡単なのも驚きましたが、実際の場面で落ち着いて操作できるかが重要だと感じました。

056 「AEDは個人で必要か」
いざという時のためには、AEDが近くにあるということが大切ですが、導入にはためらいます。
使い方が簡単で性能は良いですが、やはり高額ということです。

「高額商品であるということ」
AEDはまだまだ高額で個人が持つには、躊躇する金額だと思います。
命には変えられないしいざという時のためには必要ですが、頻繁に使うものでもないので人生で一回使うかどうかというものに高額を支払うのが実際にはできないと思います。

050 「普及にむけて」
AEDが高額なのは普及率が上がらない一番の要因と思いますが、ほかにもAEDについての知識も不足していると思います。
AEDが専門家でなければ使えない難しい機械と思って導入をためらう場合も多いかと思います。
意外と操作は簡単で誰にでも使える機械とわかれば万一に備えて導入する人・企業ももっともっと増えていくと思います。
AEDの値段が下がることと、アピールすることで普及率があがり、今後万一の時にはどこにいてもすぐにAEDが使える世の中になれば良いと思います。

無料ブログはココログ